足のむくみは運動する逆に足がむくむ!?

運動をすると足がむくむってホント!?

足のむくみを解消するのに運動をするというのも効果的です。
特にウォーキングは、普段、運動をしていない中高年の方や高齢者の方にもおすすめ。急にランニングを始めるより、体への負担も少ないですし、健康増進にいいでしょう。

 

でも、ウォーキングにまったく問題がないわけではありません。

 

運動したら逆に足がむくんだ!?

 

運動をしたら足がむくんでしまった、という話をきいたことはありませんか?

 

足のむくみは、一般に余分な水分や老廃物が原因で起こります。運動をすると、体内の新陳代謝がより活発になり、より多くの老廃物が体内にたまります。
それがきちんと排出されないと、老廃物が体の中に溜まってしまい、足がむくんでしまうのです。

 

脱水症状も足のむくみの原因のひとつ。
ウォーキングなどの運動をするときには、きちんと水分をとることが大切です。
ただし、一度に大量にとると逆効果。のどが渇いたらその都度飲む、というように、水分はこまめに補給しましょう。

足のむくみ を 解消 するための正しい ウォーキング 法とは?

足のむくみ ウォーキング

足のむくみを解消するためにウォーキングをはじめるのにあたって、どういう点を注意しながら行ったほうがいいのか!?

 

足のむくみを解消すると言う点で意識するのは筋肉です。筋肉が発達すれば、血流がよくなります。そうすれば、余分な水分や老廃物も体の外に排泄すされやすくなります。

 

正しいウォーキングをして筋肉を発達させれば、自然とむくみも解消されます。

 

特に、注目すべきなのは、ふくらはぎの筋肉です。ウォーキングをする時は、足の指に意識を向けましょう。
足の指を動かすことで、ふくらはぎに筋肉がつきやすくなります。

 

かかとを浮かせて歩くのも効果的。
初めは両足で、慣れて来たら片足立ちで、と少しずつ負荷をふやし、ふくらはぎの筋力を鍛えます。

 

正しいウォーキング法を身につけ、筋力を発達させ、「むくまない足」を手に入れましょう。

正しいウォーキング法

ウォーキングのポイントとは!?

 

足を踏み出したら、着地は必ずかかとから。そして、足裏全体をローリングするように大きく使って前へ進み、
親指を最後まで残すようにして、最後に地面をけります。

 

このとき、足首を柔らかく使うのがポイント。足を大きく動し、大股で歩くとよいでしょう。

 

また、太ももやおしりの境い目にも、きゅっと力をいれましょう。歩いている時、ふにゃんと力が抜けていては、効果は半減。
でも、太ももやおしりの境い目にも意識をむけて、アップさせるようにウォーキングをすれば、
足のむくみ解消だけでなく、小尻効果も期待できます。
せっかくウォーキングをするのでしたら、ポイントをおさえ、効果的な方法を身につけたいものですね。

関連ページ

ランニングは正しい走り方をすれば足は太くなりません
ランニングをしていて足が太くなるという方がいますが、それはランニングの仕方に問題があるのでしょう
足のむくみは運動不足も原因に!ランニングで運動不足解消
足のむくみ を ランニング で解消しよう!ランニングは筋力も付くのでおすすめ。ただし、なれるまでは無理せずウォーキングにしておきましょう