お風呂で足のむくみをリフレッシュ

お風呂 は 足のむくみ に効果的

足のむくみ 風呂

 

足のむくみ に お風呂 がなぜ有効か? それは、身体を温めるからです。全身を温めることで、身体全体の収縮してしまった毛細血管が広がって血行が良くなり、新陳代謝も活発にすることができるのです。

 

私たちは日頃、入浴というとシャワーのみで済ませてしまいがちですが、それでは芯から体を温めることはできません。大切なのは、季節を問わずしっかりと湯船に浸かることです。

 

そうして身体を温める習慣をつけることで、むくみや冷え症を改善・解消することができます。

足のむくみ に 効果的な お風呂 の入り方

足のむくみ をとる為に意識することして、いきなり熱いお湯に入るのはやめましょう。

 

お湯が熱いとすぐに体温が上昇してしまい、内側までしっかりと温まる時間を確保できず、皮膚の表面しか温まりません。これではすぐに湯冷めしてしまいます。

 

最も効果的なのは、体温よりも少し高めな38〜40度くらいのお湯に入ることです。全身を緩やかに温め、湯上り後も身体が冷えにくくなりますので「冷え症」とも「むくみ」とも縁が薄れてくること間違いなしです。

 

さらに、湯の中にビタミンCやクエン酸が豊富に含まれているがみかんの皮やレモンなどを一緒に入れると、肌の保湿力も同時に高めることができます。もちろん、市販の入浴剤でも構いません。

 

その他にも、「お酒」や「お酢」を入れるというような入浴方法があります。少し珍しいですが、それらには、毛穴の余分な脂肪や老廃物を溶かして排除し、新陳代謝を高めてくれるという効果があるのだとか。
近頃広まりつつある「ゲルマニウム入浴剤」の使用もおすすめです。これには発汗作用があり、むくみ解消や身体の引き締めなどに期待できます。

 

今ではすっかり定着した「半身浴」にも効力はあります。お湯から肩を出して入浴するので身体に負担をかけずに、じっくり湯船に浸かっていることができます。下半身を長時間かけて徐々に温めることで、滞っていた血液の流れが促進されます。血液循環が活発になることで、より全身の保温力を高めることが可能です

温冷交代浴とはどんなお風呂の入り方!?

温冷交代浴とは!?

 

これはお湯に浸かる、冷たい水を身体にかける、というのを数回に分けて交互に繰り返すやり方です。血管が広がった状態のときに冷たい水を浴びることで、毛細血管が収縮し、そしてそこに熱が籠り、温かさを保つことができます。

 

言うなればサウナと似たような入浴方法です。こちらは血流が良くなるだけではなく、バランスを崩しやすい自律神経の回復にも効果があります。

 

ただし、この入浴方法は心臓や循環器系への負担が大きいので、高血圧や心臓病などの持病をお持ちの方には、あまり推奨できません。それでも温冷交代浴を試してみたい、という方は必ず、医師と相談をしてからにしましょう。

関連ページ

サウナはむくみに効果的ですが、入りすぎに注意!
サウナ は むくみ に効果がありますが、入りすぎてしまいますと、脱水症状などが起こってしまう恐れがありますので、注意です
半身浴 で 足のむくみ を解消
半身浴 は自宅でできる 足のむくみ の解消手段としておすすめです。ゆっくり浸かってリラックスをしましょう
岩盤浴も脚のむくみに効果的
足のむくみ に 岩盤浴 も効果的です。サウナと比べ入りやすいので、特に女性に人気です。 脚のむくみの他にリフレッシュ効果なども期待できますよ
足のむくみケアに足湯
足のむくみ ケアで簡単にできる 足湯 !半身浴と似た効果があり、冷え性の解消やリラックス効果なども期待できます