足のむくみ の 薬 といえばアンチスタックス

足のむくみの薬であるアンチスタックスとは

足のむくみの薬

足のむくみ の 薬 として アンチスタックス は日本で唯一、承認を得ているお薬です。

 

接客業や、受付・案内などのお仕事で、一日中立ちっぱなしの方、長時間のデスクワークなどで、座ったままの時間が長い方は足がむくんだり、だるさを感じたり、重くなったりすることに悩まれていますよね。

 

アンチスタックスは、そういった症状を、「内服薬」という形で、身体の中から直接効果を与える方法で、静脈還流障害などが原因の足のむくみを解消する治療薬です。

 

静脈還流障害とは、下半身の静脈の血の流れが阻害されている状態です。血の流れが悪くなると、足がむくんだり、だるくなったり、重く、疲れやすい、痛みすら感じる事があります。

 

ただ、こうした症状は、少し足を使いすぎて疲れてしまっただけだろうと、考える方も多いのが実情です。

 

確かに、一時的なら問題ありませんが、これが慢性的になってしまうと静脈瘤、色素沈殿、皮膚潰瘍などといった症状へ悪化することもあります。

 

特に成人女性の約半分は、足のむくみやだるさ、疲れやすいなどの悩みを抱えていますが、その原因は足の静脈の血流にあり、「静脈還流障害」の初期症状かもしれません。

 

一時的な症状と考える人も多く、この静脈還流障害はあまり知られていないのです。

 

アンチスタックスはこんな方におすすめ
  • いつも足のむくみが気になる、悩んでいる
  • 仕事から帰ると、足がだるい・重い
  • 長時間の立ち仕事・座り仕事で、足の調子がよくない
  • 足がつっぱっている感じや、痛みを感じる

アンチスタックスはどんな症状まで改善してくれる!?

アンチスタックスの適応症状について

 

「アンチスタックス」の効果は、足のむくみ、だるさ、重さ、疲れ、つっぱり感、痛みといった症状が、軽度の静脈還流障害による場合です。

 

アンチスタックスの効果が期待できない症状

 

静脈瘤

クモの巣のように、網目に細い血管が皮膚に透けて見えたり、足の表面にまで広がった、ウネウネと蛇行した静脈が浮き出している状態。

 

色素沈殿

足の皮膚の色が変色し、褐色系の色素が底に固まった状態

 

皮膚腫瘍

足のくるぶし周辺の皮膚に潰瘍(かいよう)が見られる症状

 

こういった症状が出ている場合は、軽度の静脈還流障害ではなく、病院での治療が必要な状態にまで悪化してると思われます。早めにお医者さんに診てもらいましょう。

足のむくみ の 薬 アンチスタックスとはどんな商品記事一覧

足のむくみ の 薬 である アンチスタックス は軽度の静脈還流障害の改善する効果があります。成人女性のおよそ50%の方が、足のトラブルを抱えていると言われていますが、足のむくみ、だるさや疲れやすいといった症状が出る場合、あなたは静脈還流障害かもしれません。足のむくみ、だるさや足の疲れやすさは静脈還流障害の初期症状です。静脈還流障害になると静脈の血流が滞り、下半身の血のめぐりが悪くなります。静脈還流...

シーリング作用通常、健常な静脈毛細血管の内皮細胞は、細胞と細胞の間がきっちり閉じられていますが、血流の滞りにより、炎症がでてくると、その細胞間の結合がゆるくなってしまいます。そうなると、血液の中の血漿成分を含む水分が、血管の外へ浸み出してしまいます。「アンチスタックス」は、シーリング作用と呼ばれるもので、その開いた細胞と細胞の間を閉めて、密着させる効果により、血管を健康な状態へと戻していきます。血...