足を高くして寝ることが 足のむくみ 対策になる!

足のむくみ の 解消 に 寝るとき に足を高くしてみよう

足のむくみ 寝るとき

 

足のむくみ の 解消方法 として、簡単にできるのが 寝るとき に足を高くすることです
そもそも、脚がむくむ原因は血行が悪くなって、血液が下半身に溜まってしまうことです。血流の悪化には、もともと下半身が心臓から遠い位置にあることや、ストレス、疲労などによって血管が収縮してしまうことがあります。これがひどくなると、血液の逆流を防ぐために静脈に設けられている静脈弁が壊れてしまうことで生じる下肢静脈瘤になってしまいます。

 

しかし、寝るときに足を高くしておけば、重力で自然と下半身から上半身に血液が流れるようになるので、脚のむくみを緩和することができます。

 

足がむくみやすい人が横になったり、脚を上げたりして休むことが多いのは、習慣として、脚のむくみを楽にする方法を実践しているゆえなのかもしれません、。

高くしすぎるのはNG

足を高く寝すぎるのはよくありません。

 

足のむくみには足を高くして寝るのがいいのですが、あまり足を高くしすぎると、今度は足の付け根の部分にある静脈が圧迫されてしまい、逆に血流が悪化してしまう恐れがあります。

 

就寝時には10〜15センチ程脚を高くすると、ちょうどむくみを緩和しつつ血流を確保できます。枕や座布団の上に足を置くくらいでちょうどいいでしょう。

 

今晩から実践してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

脚のむくみ対策 靴下
足のむくみ 対策に着圧式の 靴下 や ストッキング は人気です。利点はやはり履くだけで効果が期待できる所ですね