帝王切開での出産による足のむくみの影響

足のむくみ は 帝王切開 が原因で起こることがあるの!?

足のむくみ は 帝王切開 で出産すると出てくるっていわれていますが、それはホントです。

 

帝王切開で出産をすると、左右で足の太さが違って見える、太ももの付け根からふくらはぎがパンパンになってしまった、足が象みたいに腫れ上がってしまったという状態になったとよく聞きます。

 

帝王切開 だと 脚むくみ やすいのは ちゃんとした理由があります

 

帝王切開だと脚がむくみやすい原因

 

大量出血で貧血になるため

メスで切って手術を行うため、どうしても出血が多くなってしまいます。そのため体内の鉄分が少なくなります。この失われた鉄分を補給するため、行う点滴がむくみの
原因となります。点滴は鉄分だけでなく、水分もしっかり循環し、体内にとどまる水分がおおくなるため、むくみが起こりやすくなります。

 

筋力が低下したため

大量出血による鉄分不足起こってしまうので、 自然分娩の方とは異なり、 長く安静にしなければならないため、足腰の筋肉が衰えてしまいます。
歩行訓練などにより次第に筋力が戻り歩けるようにはなりますが、しっかりリンパ液をながすだけの筋肉は トレーニングしないとなかなか回復しません。

関連ページ

産後はむくみやすくなる!?
産後 の 足のむくみ が起こりやすくなる体質となります。 脚のむくみ が起こりやすくなる原因についてと解消法について紹介します
脚のむくみ と 生理の関係と対策
足のむくみ だけでなく 生理 期間中はむくみや頭痛などの不快な症状に悩まれる方が多いと思います。しっかり対策をして症状を緩和させていきましょう。
脚のむくみ と 妊娠
足のむくみ は 妊娠 している方の30%の妊婦さんがなると言われています。 脚のむくみ がなぜ起こるかその原因などについて解説します
妊娠中 の 足のむくみ解消方法
足のむくみ など 妊娠中 は起こりやすくなり、ストレスの一つとなります。そんな妊婦さんのための 足のむくみ 解消方法 をご紹介します