足のむくみだけじゃない!むくみと生理の関係性

生理中 の 足むくみ はどうしておこるの?

足のむくみ 生理

 

足のむくみ が 生理中 や生理前によく起こるという方もいらっしゃいますが、これは女性特有のホルモンが関係していきます。
女性の身体はホルモンのコントロールを受けています。女性ホルモンは主に2種類あり、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンとプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが1ヶ月間一定のリズムで分泌されています。

 

ホルモンの変動は出産するためにとても大切ではありますが、この変動が様々な症状を生み出し、時に酷く悩まされる方もいらっしゃいます。

 

生理期間は憂鬱でテンションが上がらないという方は少なくありませんが、女性が子孫を残すため大切な体の機能ですので、自分のことをよく知り、上手に付き合えるようにしましょう。

生理が体に及ぼす影響

ここでは生理が体にどのような影響を与えるかをご紹介します。それぞれの時期によって症状もことなってきます。

 

月経期(約1〜7日)

月経期は女性ホルモンが減少し、体温が下がってしまいます。日頃から基礎体温を記録している人はすぐに気づかれているので分かるでしょう。月経期は生理の
スタートです。骨盤周辺の血液が集合するので、全身の血のめぐりが悪くなり、冷えやすい体になります。その影響もあり、生理痛がひどいと肩こりやむくみ、頭痛なども発生することもあるでしょう。

 

卵胞期(約8〜14日)

卵胞期とは生理が終わり、体調がすこぶるよく感じる時期です。エストロゲンが大量に分泌し、新陳代謝がよくなります。髪の毛や肌の調子もよく、むくみが起きにくい時期です。自律神経のバランスがよく、心身ともに軽やかな時期だと言えます。

 

排卵期(約14〜18日)

排卵期はエストロゲンの分泌が減少傾向となり、かわってプロゲステロンの分泌が増加し、排卵がスタートする時期です。排卵日は体温が低下してしまいますが、排卵が終了すると体温が上がる高温期に入ります。高温期に入るのは妊娠の準備として体が温かい状態にスタンバイしているからです。

 

黄体期(約18〜28日)

黄体期は妊娠のためにホルモンプロゲステロンが活性化する時期で、妊娠の準備のため、体内にエネルギーを溜め込んでいます。そのことが原因でむくみや便秘などの症状が発生し、ニキビなどの肌トラブルが出るなど女性にとって憂鬱な時期と言えるでしょう。
また、上記の他にもイライラすることが増えたり、肩こりや頭痛なども起こりやすくなります。

 

足のむくみと生理の関係性だけで考えると月経期と黄体期に脚のむくみが発生しやすいといえるでしょう。

生理 による 足むくみ 対策

生理中 の 足のむくみ 対策として、水分、塩分の取り過ぎないようにする、また、なるべく、シャワーだけで済まさず、湯船にゆっくりと浸かりリラックスをしたり、体を温めた状態でストレッチを行い、リンパや血液の流れをよくして足がむくまないように対策をすることをおすすめします。

 

生理はルーチンで起こる現象ですので、そろそろ不快な症状が出るかなという時期がわかると思いますので、そうと感じたら早めに対処することを心がけてみましょう。

関連ページ

産後はむくみやすくなる!?
産後 の 足のむくみ が起こりやすくなる体質となります。 脚のむくみ が起こりやすくなる原因についてと解消法について紹介します
脚のむくみ と 帝王切開 の関係
産後は 足のむくみ が起こりやすくなりますが、特に帝王切開 での出産の場合、鉄分を多く失い、それを補うため点滴をするので、自然分娩の方よりひどくなることがあります
脚のむくみ と 妊娠
足のむくみ は 妊娠 している方の30%の妊婦さんがなると言われています。 脚のむくみ がなぜ起こるかその原因などについて解説します
妊娠中 の 足のむくみ解消方法
足のむくみ など 妊娠中 は起こりやすくなり、ストレスの一つとなります。そんな妊婦さんのための 足のむくみ 解消方法 をご紹介します