足のむくみと病的なむくみ

足のむくみ はその他の 体の異常 と関係しています。

足のむくみ は 病気の症状として起きる 病的なむくみ があります。病的なむくみが起きる場合、足のむくみをはじめ、手や体全体のむくみやそれと同時にだるさや体重増加、疲れがとれない、手足のしびれなどが起こる場合があります。

 

また、足のむくみが原因がセルライトや下肢瀬脈瘤などを引き起こす場合もあります。

 

このカテゴリーでは足のむくみと体のさまざまな異常との関係性について、ご紹介します

足のむくみと体のさまざまな異常との関係性とは記事一覧

足のむくみ を 放置 した状態でいると、そこに脂肪や老廃物、コラーゲン等が固まり、セルライトになってしまいます。セルライトになってしまった脂肪はダイエットをしてもなかなか落ちるものではありません。一度セルライトができてしまうと完全に落すことはできませんので、セルライトが気になる方はむくみを放置するのは絶対NGですまた、人の皮下組織は伸縮した状態のままにすると、組織が広がってしまうことがあります。足...

足のむくみ は肝臓や腎臓の障害が起こった際に出る症状のひとつです。つまり 足のむくみ は、肝臓や腎臓の出す危険信号かもしれません。昨今、アルブミンという物質が注目されています。このアルブミンという物質は、血液(血清)中に含まれるたんぱく質の一種です。アミノ酸などの栄養素を運んだり、血管が水分を出し入れするのを調整する役割があります。もし、アルブミンが減少すると、細胞の隙間にある水分を血管がうまく取...

足のむくみで体重が増えたという経験をされた方がいますが、むくみによる体重増加はあまりよいことではありません。体重増加につながるむくみは本来、外からの栄養や酸素を体内に取り込み、老廃物を出してその働きを一定に維持していますが、その機能がうまく活用されておらず、非常に滞った状態といえます。この状態まで進行してしまうと内臓に問題があるか、血液中の浸透圧低下につながるようなたんぱく質不足が起こっています。...

足のむくみ が出ている方で最近、血栓 が浮き出ているのが気になる方はいませんか!?足のむくみ 以外にも手や顔などむくみは体のいいろいろな箇所で発生しますが、よくむくみが起こる部位を把握していくことで、むくみが起こる原因が分かります。むくみは特に足の膝から足先にかけて起こるケースが多いです。その中でも夕方にむくみが酷くなる方はむくんだ足に血管が浮き出ているという症状が起きることがあります。ここで血管...