足のむくみ と 梅雨 の気候の関係

梅雨の季節は足のむくみやすいというのは本当?

足のむくみ 梅雨

梅雨 になると、足のむくみ や手や身体がむくむ、なんとなくだるい。6月頃になるとそんな声をたびたび耳にします。

 

体調にも影響を及ぼすむくみの症状は、梅雨は特に起こりやすく、ジメジメとした梅雨の気候が深く関係していると考えられます。
ではどうのように予防・対策すれば良いのでしょう。

 

梅雨 に 足がむくみ やすくなるのは気候が原因

 

気圧が下がり、自立神経が乱れる

梅雨の時期は、気圧が急激に変化するため「自律神経」が乱れやすくなります。
「自立神経」とは、緊張状態の時に働く「交換神経」と、リラックス状態の時に働く「副交感神経」とで成り立っており、気候の変化やストレスなど外部からの刺激に対して、内蔵や血管の働き、ホルモン分泌を調整し、体内の状態を一定に保つ働きをしています。

 

しかし、梅雨の時期になり気圧が低くなると、「副交感神経」が優位になります。するとその影響から、「交感神経」を刺激するヒスタミンが体内で分泌されやすくなり、自立神経のバランスが崩れるといわれています。

 

その結果、体温調整がうまくいかず、湿度や温度の変化に身体がついていかなくなり、だるさを感じるのです。また、「交換神経」が刺激されるろ、血管が収縮され血液の流れが悪くなるので、むくみを引き起こしやすくなります。

 

湿度が高くなり、体内の水分代謝が滞る

梅雨の時期のもう一つの特徴として、湿度の上昇があります。空気中に湿気が多くなると、皮膚からでた汗が蒸発しにくくなり、汗をかきにくくなります。
通常、私たちの体は汗をかくことで温度調整をしているため、体内に熱がこもってしまい、体調を崩すきっかけになります。

 

このようなことが続いて起こると、水分代謝が滞ってしまうので注意が必要です。

 

 

気圧や湿度といった気候の変化により、むくみやすくなる梅雨の時期。快適に過ごすためにも、むくみのない生活を心がけてみてはいかがでしょう。

関連ページ

足のむくみ と アルコール
足のむくみ は飲み会で 飲酒 した翌日などに強く感じませんか? アルコール が原因で脱水状態になり、足のむくみを引き起こすことがあります
なぜ 足のむくみ は 解消 しないといけないか
足のむくみ はどうして 解消 したほうがいいのか!? 脚のむくみ はセルライトや下肢静脈瘤などを引き起こす可能性があります
足のむくみの原因とへこみ
足のむくみ を押すとその へこみ 具合で原因がどこからきているのかある程度わかると言われています。
足のむくみ は 放置 するのはNG
足のむくみ は 放置 するのはNGです!特に女性の方は脚が太くなったり、セルライトが出来たらりする原因となりますよ
足のむくみが朝起きやすい原因
足のむくみ は 朝 起きる原因をご紹介します。 脚のむくみ が朝出てくるのは生活習慣が影響していますよ
脚のむくみ と 喉の渇き の関係性
足のむくみ が起きやすい方で喉が渇きやすい方は塩分や糖分を過剰摂取している可能性があります。
足のむくみが頻尿のサインかもしれません!
足のむくみ が 頻尿 のサインかも!?脚のむくみ と頻尿 の関係性は近年明らかになってきました
足のむくみが内出血の原因に!?
足のむくみ が原因で 内出血 が起きる場合がありますが、その 脚のむくみ は相当重症だといえるでしょう
足のもてりとは
足のむくみ と 足のほてりの共通点は血行障害です。脚のむくみ 対策は 足のほてり の対策にもつながります。
運動 による 足のむくみ
ダイエットや健康のために普段運動をしていない方が急に運動をはじめると 足のむくみ が起こる可能性があります。
脚のむくみ と 季節
足のむくみ やすい 季節 として夏と冬が特に脚のむくみやすいといわれています。その理由について、ご紹介します