体のむくみと 腎臓病

腎臓病 とは

腎臓病 むくみ

 

腎臓の主な働きは体内の余分な水分の排泄と老廃物や毒素の除去です。その機能が低下すると 腎臓病 になります。

 

初期は症状も軽く、自覚症状はあまりありませんが、放っておくと進行し、急性腎障害などの例外をのぞき、慢性の腎不全となります。深刻な場合、腹膜透析(PD)・血液透析(HD)といった透析療法や腎臓移植などが必要となります。

 

腎機能は一度低下すると回復することはほとんどありませんが、医療技術の進歩により、治療を早期に始めれば、進行を防いだり遅らせたりすることが出来るようになりました。透析の技術も格段に進歩しています。早期発見が大切です。

腎臓病 の主な 症状

腎臓病 の主な 症状 は以下の通りです。

 

たんぱく尿

たんぱくは腎臓の糸球体でろ過されたあと、尿細管から再び吸収されて血中にもどるため、尿中に含まれることは通常ありません。検査で尿にたんぱくが含まれていた場合は腎機能の低下の可能性が出てきます。

 

血尿

腎臓の糸球体、尿管、膀胱などに問題があると赤血球が尿に含まれることがあります。鮮血〜茶褐色尿など肉眼でわかるものから、顕微鏡で観察される顕微鏡的血尿まで、程度は様々です。

 

高血圧

腎臓は体内の余分な塩分を排出し、血圧調節の機能をもつレニンという酵素を分泌するなど、血圧のコントロールに大切な役割を果たしており、その機能が低下すると高血圧になる傾向があります。高血圧は頭痛・肩こり・吐き気などの原因にもなります。

 

むくみ(浮腫)

腎機能が低下し、体内に余分な水分や塩分がたまると、体がむくんできます。
しかし、むくみは他の病気でもみられる症状なので、原因をきちんと検査することが大切です。

 

尿量の変化

腎臓の機能が低下すると、尿を濃縮することが出来なくなるため、尿の量が多めになること(多尿)があります。
さらに進行すると、尿を作ることができなくなり、尿は逆に減ります(乏尿)。
そして最後には尿は全く作られなくなってしまいます(無尿)。

 

尿毒症

尿が作られなくなると、不要な老廃物や毒素などが血中にたまり、尿毒症になります。
具体的な症状としては、食欲の低下、嘔気・嘔吐、倦怠感、高血圧、睡眠障害、呼吸困難などがあげられます。腎臓は赤血球をつくるのに必要なホルモンを分泌しているため、機能が低下すると赤血球が作られなくなり、貧血になることもあります。

 

尿毒症は放っておくと昏睡状態に陥ることもあり、大変危険です。

 

これらの症状がある場合は、すぐに検査を受けましょう。

 

PR広告:健康診断や人間ドックのオンライン予約はマーソへ!

マーソは医療施設数、プラン数がとても豊富♪公式サイトはコチラ