糖尿病性腎症とはどんな病気

糖尿病性腎症とはどんな病気

 

糖尿病性腎症とは、腎臓の機能が低下し、尿が作れなくなってしまう疾患です。

 

腎臓は、細かい血管でできた糸球体基底膜により、血液を濾過する働きをしています。
老廃物は尿として体外に排出され、濾過され清潔になった血液は再び体内を循環します。
しかし、糖尿病で高血糖状態が続くと、この細かい血管が壊れ、腎臓の濾過機能が低下してしまうのです。

 

糸球体は片方で約100万個と、非常にたくさんあるため、濾過できるものが残っているうちは尿を作り出しますが、進行するとほとんどの糸球体が破壊され「腎不全」の状態に陥ってしまいます。
「腎不全」になると、尿が作れなくなり、体に老廃物が溜まっていきます。

 

糖尿病性腎症の予兆として、最初に現れる症状はタンパク尿です。
「早期腎症」と呼ばれる最初の段階では、尿の中にごく微量のタンパクが出てきます。この段階で気が付き、適切な治療をうければ進行を食い止めることができます。

 

しかし、この段階で疾患に気が付かず放置していると、次第に尿に出てくるタンパクの量は増加していきます。すると、血圧をコントロールするホルモンがうまく機能しなくなり、血圧も上昇してきます。
こうして高血圧になると、血管が傷つけられ、さらに腎臓の状態を悪化させてしまうという悪循環が生じるのです。

糖尿病性腎症の進行を食い止めるには

どうすれば糖尿病性腎症の進行を抑えられるか!?

 

糖尿病性腎症になってしまった場合でも、血糖コントロール、血圧コントロール、タンパク制限を十分に心がければ、透析療法まで至らずに進行を食い止めことができます。

 

早期に発見するためにも、定期的に病院で検査を受けることが賢明です。

 

PR広告:健康診断や人間ドックのオンライン予約はマーソへ!

マーソは医療施設数、プラン数がとても豊富♪公式サイトはコチラ

糖尿病性腎症 とは尿が作れなくなってしまう疾患です記事一覧

第3期以降に移ると元にはもどせない!?糖尿病性腎症は、腎臓の機能障害の程度によって、第1期〜第5期まで段階がありますが、第2期(早期腎症)までに疾患に気が付く必要があります。なぜなら、第2期までは治療することで以前の状態に戻すことができますが、第3期以降になると悪化を防ぐことはできても、戻すことはできないからです。