心不全の疑いがある場合はやめの診察を

足のむくみと心不全の関係

足のむくみ 心臓

足のむくみなどむくみの症状がみられる病気の中で心不全があります。心不全は誤解されがちですが、「心不全」とは心臓が止まってしまうことではありません。
心臓の機能が低下し、全身に十分な血液を送ることができない状態のことを指します。
心臓には右心室と左心室がありますが、

 

一般に、心臓から全身に血液を送る役割を担う左心室の機能低下による「左心不全」が多いといわれています。
しかし最近では、右心室の機能低下により、酸素を体内に取り込む働きを持つ肺へ、十分な血液を送ることができなくなる「右心不全」も増えてきました。

 

また、「心不全」は心臓のポンプ機能が徐々に弱まり、ゆっくりと進行、悪化していくことがほとんどです。

心不全により生じる自覚症状の例

下記このような症状がみられる場合心不全の疑いがありますので、直ちに医師に相談して下さい。「心不全」は命に関わることもある、とても重大な疾患だからです。
心不全患者数について、日本では正確な統計がないので、アメリカの例を示します。

 

アメリカには約500万人の心不全患者が存在しますが、毎年新たに心不全と診断される人は約55万人にのぼり、年々増加しています。
そして、心不全により毎年約30万人もの患者が命を落としていると言われています。

 

日本は、アメリカに比べ患者数は少ないですが、近年の欧米化した食生活の影響などで、アメリカの状況と大差がなくなるのではないかと考えられます。

 

呼吸困難、咳、たん

肺を循環している血管の中に血液が滞留し「肺うっ血」が起こると、呼吸がしづらくなったり、咳が出たりすることがあります。
特に、夜間や体を横にした際に咳が強くなる場合は、心不全の症状である可能性が高いと考えられます。

 

手足、特に足首より先に腫れやむくみを感じる

体に過剰な体液が貯留されると「末梢浮腫」が起こります。
重力により、特に足首より先にむくみが生じやすくなります。心不全の早期からあらわれる症状の一つです。

 

疲労感、倦怠感、息切れ

肺や肺の周囲に液体が溜まると、日常の動作でもすぐに疲れたり息切れをしたりするようになります。
心不全が進行すると、服を着替える、トイレに行くなどの簡単な動作さえも、容易に行えなくなります。
さらに悪化すると、横になっているだけでも息が苦しくなってしまいます。

 

体重増加

尿をつくる機能を担う腎臓への血流が滞ると、体内に余分な水分が溜まり、体重が増加します。
体重増加は心不全悪化の兆候であることも多いので、心不全患者は、毎日体重を計るべきだといわれています。

 

夜間の頻尿

夜間の頻尿は心不全の早期からあらわれる症状です。
通常眠っている際には、脳からホルモンが出て、腎臓が作る尿は少なくなります。
しかし、重力で血液が下半身にたまった状態で夜横になると、その血液が一気に心臓に戻るため
心臓はどうにか血液量を減らそうと、腎臓に尿をたくさん作り出すように働きかけるので、夜間の頻尿がおこるのです。

心不全の原因

心不全の原因は、心筋や心臓に負荷がかかるような疾患です。そのような疾患があると、心臓は全身に血液を送るために過剰に働き、その結果、機能が低下し、十分な血液を体全体に送ることができなくなってしまうのです。

 

心不全の主な原因疾患
  • 虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)
  • 高血圧
  • 糖尿病

 

心不全の原因として最も多いのは、虚血性心疾患です。虚血性心疾患になると、心不全を合併する可能性が非常に高くなると言われています。
また、心不全患者の多くは高血圧や糖尿病を合併しています。アメリカでは、心不全患者の約1/3が糖尿病を合併しているという報告もあります。

 

また、心不全は以下のような心臓自体の疾患によっても引き起こされます。

 

心不全が原因で起こる心臓自体の疾患
  • 心筋症
  • 弁膜症
  • 不整脈
  • 先天性心疾患・心奇形

 

他にも、全身性の疾患も原因になり得ます。

 

心不全が原因で起こる全身性の疾患
  • 悪性腫瘍に対する化学療法・放射線療法
  • 甲状腺機能亢進症・バセドウ病
  • アルコール摂取
  • HIVなどのウイルス感染症
  • コカインなどの薬物中毒

 

心臓以外にも疾患がある場合には、同時に治療を進めていく必要があります。

 

 

重症度のクラス分け

心不全の程度や重症度は、日常生活における自覚症状からクラス分けされています。

 

軽度

クラス1:日常の動作では症状が出ないため、自覚が無いことが多い。
クラス2:階段や坂道をのぼるなど、比較的激しい日常の動作で呼吸困難や疲労感などの症状が出る。

 

中等度

クラス3:服を着替える、食事をとるなど簡単な日常の動作で症状が出る。

 

重度

クラス4:安静にしていても症状が出る。

 

PR広告:健康診断や人間ドックのオンライン予約はマーソへ!

マーソは医療施設数、プラン数がとても豊富♪公式サイトはコチラ