深部静脈血栓症はどんな病気

深部静脈血栓症 はどんな症状が表れるの!?

深部静脈血栓症 の 症状としては、足のむくみ が 片足 のみに表れるのが、一番わかりやすいでしょう。これを放っておくと、皮膚に潰瘍が出来た例も報告されていますが、これが現れるのはとても進行してしまったあとになります。

 

片足のみのむくみでさえ、かなり症状が進行してからでしか気づかないと言われています。

 

肺血栓塞栓症になってしまい、もしそれが大きな血管でおこってしまうと、咳き・痰のみに収まらず、いきなり、かなりの重症になってしまうことも予想されます。
私だけは大丈夫、という意識は捨てて、注意深くむくみを観察することが必要です。

 

深部静脈血栓症 の 原因

 

深部静脈血栓症の主な原因の一つに、長時間同じ姿勢でいることが挙げられます。特に、オフィス等で座っている姿勢が長時間続くと、足の静脈の血流が滞り、血栓が出来てしまうことがあります。

 

この現象は、飛行機での長時間同姿勢でいることによって引き犯される、エコノミークラス症候群という名前で知っておられる方もおられるのではないでしょうか。

 

ご存知の方も多いと思いますが、これらは死を招く症状の一つです。まずは、これらを予防することが大切です。

深部静脈血栓症 の 治療

血栓が原因の、これらの症状には、血液を固まりにくくする薬が用いられます。すでに血栓が出来てしまっている場合は、決戦を溶かす薬が用いられます。

 

これらの薬は、文章で書くと簡単な薬に見えますが、つまりは出血した際に血が止まりにくくなる薬でもあるので、服用にはリスクが伴います。

 

出来るだけ、これらの薬のお世話にならなくてすむように予防方法をしっかりおさえておきましょう。

深部静脈血栓症の予防

血流をよくして、深部静脈血栓症を防ぐ

 

まずは、血栓ができないように静脈の血流を良くしておけば、これらの症状は予防出来ます。主な原因である長時間の同じ姿勢を避け、なるべく足を動かして、静脈の血流を促しましょう。これだけで、上記の様々なリスクを回避できるでしょう。

 

オフィス等で、こまめに立ち歩くことが難しい方は、座ったままでも、つま先を伸ばしたり立てたりするだけでも、血流を促す運動になります。この運動は、オフィスだけでなく、長時間の飛行機やバスでの移動の際も、活用出来るでしょう。

 

また、単にむくみを予防することも、血栓の予防と同じことなので、それ用の加圧ソックスや加圧ストッキングも有効に予防してくれるでしょう。加圧することで、血管が補足なり、ホースの先を潰した時のように血流が早くなり、血流が滞ることを防いでくれます。

関連ページ

甲状腺機能低下症
足のむくみ や 手のむくみ、倦怠感や体重増加などが主な症状の 甲状腺機能低下症 。特に女性の患者さんが多い病気です
脚気
足のむくみ が症状として出る、脚気 とは!? 脚気はビタミンB1が欠乏し、起こる病気で、昭和初期頃までは患者数も多かった病気の1つです。
糖尿病性腎症
糖尿病性腎症 は早期発見をし早めの対処が必要な病気です。定期健診などはしっかりうけましょう
ネフローゼ症候群
ネフローゼ症候群 は低タンパク血症となる腎臓疾患です。症状として手や 足のむく み、体重増加、尿の泡立ちがでます
急性糸球体腎炎
急性糸球体腎炎 はのどの炎症から症状が始まり、その後、足 などの むくみ や高血圧の症状などがでます。
リンパ浮腫
リンパ浮腫 は手や 足のむくみ が出てきて、その後、症状が進むと引っ張る感じやしべれが出てきます
腎臓病
腎臓病 は 体のむくみ のほかに血尿やたんぱく尿などの症状が現れます
心不全
手や 足のむくみ 、腫れ、倦怠感や疲労感など自覚症状が複数出た場合に 心不全 の疑いがあるかもしれません
下肢静脈瘤
足のむくみ が原因の1つとして起こりうる病気 下肢静脈瘤 とは!?立ち仕事の方など 脚のむくみ やすい方などは要注意です