リンパ浮腫の弊害はいろいろとあります

リンパ浮腫 による 問題

リンパ浮腫になると、日常生活においてさまざまな問題が起こります。

 

腕のリンパ浮腫

物を持つことや握ることが困難になります。特に利き腕の場合は、文字を書いたり、箸を持ったりできなくなるため、とても不便になります。

 

脚のリンパ浮腫

歩行が困難となります。外出はもちろん室内での移動も容易ではなくなり、活動範囲や行動範囲が制限されてしまいます。

 

外見上の変化と精神的苦痛

リンパ浮腫による外見上の変化から、精神的苦痛を感じることが多くあるようです。外出することや人に会うことが嫌になり、気力が減退し、うつ状態を招くこともあります。

リンパ浮腫 の 治療 と研究

リンパ浮腫は、適切な治療を受け、専門家指導に従ったセルフケアをきちんと行えば、悪化を食い止め、症状の改善をはかることが可能です。
しかし、リンパ浮腫の専門医、理学療法士、リンパ誘導マッサージを行うセラピストの数はまだ少なく、情報も十分ではないため、リンパ浮腫により不便な生活を強いられている方が大勢いるのが現状です。

 

ここ最近では、積極的にリンパ浮腫を治療しようとする傾向が表れ始め、治療法の研究も進んでいるようです。
病院でも、インフォームド・コンセントの一環として、子宮がん、乳がんなどの治療時に、後遺症としてのリンパ浮腫の可能性を説明することが多くなってきています。
医師の説明を聞き、日常の注意点を守れば、リンパ浮腫の発症を予防することが可能です。

 

むくみを解消したいなら断然サプリメントを選ぶべし!その理由と失敗しない商品選びを教えます。詳細はコチラ