リンパ浮腫とはどんな病気

リンパ浮腫とは

リンパ浮腫とはどんな病気

 

リンパ浮腫とは、リンパ管の機能が低下し、血液中の血しょうが細胞間に染み出したことで、主に脚などにむくみが生じる疾患です。女性に多いのが特徴です。
リンパ浮腫には、先天性あるいは原因不明で起きる「一次性リンパ浮腫」と、がんの手術によるリンパ節の切除や放射線治療の影響による「二次性リンパ浮腫」があります。
「二次性リンパ浮腫」が多く見られますが、発症のタイミングはそれぞれで、がんの治療後すぐに発症する人もいれば、10年以上経ってから発症する人もいます。

 

リンパ浮腫は外見に変化が現れるため、そのストレスからうつ状態になる人もいるようです。
また、そのまま放置しておくと、細菌感染などの合併症の可能性もでてくるので注意が必要です。

リンパ浮腫の症状と特徴として腕や足のむくみが出る

リンパ浮腫 足のむくみ

リンパ浮腫 の 症状の多くは、腕 や 足のむくみ にあらわれます。脚のむくみ から、下腹部や外陰部にもむくみが生じることがあります。

 

痛みや皮膚の色の変化はほとんどありませんが、むくみが急激に進むと、皮膚が硬くなり、突っ張るような感覚やしびれを感じるようになります。また、静脈がむくみによってつぶされてしまうと、皮膚が青紫色になることもあります。

 

リンパ浮腫で腕がむくむ場合、どちらか片側だけに現れることが多く、右乳がん手術後には右腕、左乳がん手術後には左腕にむくみが見られます。両側の乳がんを手術した後でも、片腕にむくみが出ることは珍しくありません。

 

脚にむくみがでる場合、例えば、婦人科がんや前立腺がんなどの手術後には、両脚に出ることもまれにありますが、片脚に出ることがほとんどです。

症状による段階分け

潜伏期

むくみは見られず、リンパ量も正常な状態ですが、流れが滞りつつある状態です。

 

第1期

まだむくみは軽く、皮膚も比較的軟らかい状態です。指で押すと跡がつきへこみますが、むくんだ腕や脚を上げておくと元に戻ります。

 

第2期

皮膚が硬くなり、指で押してもへこまなくなります。

 

第3期

むくみがひどくなり、皮膚もさらに硬く、ガサガサした角化が生じます。放置して悪化すると象皮病を引き起こします。

 

むくみを解消したいなら断然サプリメントを選ぶべし!その理由と失敗しない商品選びを教えます。詳細はコチラ

 

PR広告:健康診断や人間ドックのオンライン予約はマーソへ!

マーソは医療施設数、プラン数がとても豊富♪公式サイトはコチラ

リンパ浮腫は手や足のむくみが体の片側にでることが多い記事一覧

リンパ浮腫になると、日常生活においてさまざまな問題が起こります。腕のリンパ浮腫物を持つことや握ることが困難になります。特に利き腕の場合は、文字を書いたり、箸を持ったりできなくなるため、とても不便になります。脚のリンパ浮腫歩行が困難となります。外出はもちろん室内での移動も容易ではなくなり、活動範囲や行動範囲が制限されてしまいます。外見上の変化と精神的苦痛リンパ浮腫による外見上の変化から、精神的苦痛を...