ネフローゼ症候群とはどんな病気

ネフローゼ症候群 とはどんな 疾患

足のむくみ が 症状 として出てくる疾患の一つ

 

ネフローゼ症候群とは、尿から過剰なタンパクがでるために、血液中のタンパク質濃度が低下し、低タンパク血症となる腎臓疾患の一つです。

 

低タンパク血症になると、血管中の水分が減り、血管外に水分と塩分が増加するため、むくみが引き起こされます。
同時に、血液中のコレステロールも増加します。

 

その他、腎不全、血栓症(肺梗塞、心筋梗塞、脳梗塞など)、感染症などを合併する可能性もでてきます。
進行すると、肺やお腹、さらには心臓にも水がたまってしまいます

ネフローゼ症候群 の 原因 と治療法

ネフローゼ症候群には、腎臓が原因のものと、全身性の病気のためにタンパクが尿からでてしまうものがあります。
腎臓が原因の場合は、血液を濾過し尿を作っている糸球体基底膜の機能低下が考えられます。

 

治療は、むくみを減らすための対症療法(安静・塩分制限・利尿薬)と平行して、疾患の根本の原因を治療するための原因治療(ステロイド薬など)を行うのが一般的です。

 

ただしステロイド薬は、免疫力の低下、白内障、骨粗鬆症など、副作用のリスクもあります。
きちんと原因を知り、治療法を決めるには、腎臓を細い針で刺して、一部組織を取り検査する腎生検が必要になってきます。

ネフローゼ症候群 の 症状

ネフローゼ症候群 になると、下記のような 症状 が出ます。

 

足のむくみや手、全身のむくみ

靴が履けない、瞼が重いなどの症状。
10秒程下腿前面(弁慶の泣き所)を指で押さえ、くぼみが生じたら、むくみだと判断できます。

 

体重増加

むくみがひどくなると、体重増加を引き起こします。

 

尿の泡立ち

尿内にタンパクが増えると尿の泡立ちがみられることが多いようです。
(必ずしも尿の泡立ちが尿内のタンパク増加だとは言えません。)

 

このような症状は、日常生活では気がつかず、健康診断ではじめてわかる場合も多いようです。

 

病気かもしれないと思ったら
上記のような症状が出た場合はネフローゼ症候群を疑い、主治医に相談するか、子どもは小児科、大人は内科もしくは腎臓内科を受診しましょう。

ネフローゼ症候群は症状の一つとして足のむくみなどが出ます記事一覧

最初に病院では、尿検査と血液検査を行います。その結果が、尿蛋白1日3.5g以上(定性4+) 血液中のアルブミンの濃度が3.0g/dl以下という数値の場合、ネフローゼ症候群と診断されます。診断には、むくみの進行状態や高コレステロール血症も考慮されます。