下肢静脈瘤の治療法についてご紹介

下肢静脈瘤の従来の治療法

硬化療法

静脈に硬化剤と呼ばれる薬剤を細い針で直接注入し、血管を閉塞させる方法です。体への負担が少なく、通院による治療も可能で、手術のような傷も残りません。

 

網目状静脈瘤、クモの巣状静脈瘤などに多く用いられます。

 

ストリッピング手術(静脈抜去術)

伏在静脈瘤など太い血管で静脈瘤を発症している場合に用いられ、もっとも代表的で標準的な治療方法です。2カ所を切開して血管内にワイヤーを挿入し、静脈瘤のある静脈をワイヤーと一緒に引き抜いてしまう手術です。全身麻酔または下半身麻酔で行われるため、入院が必要となります。

 

切開に伴い手術痕が残る場合もあり、手術後、痛みや皮下出血、神経障害など後遺症が生じるケースもあります。

 

高位結さつ術

弁が壊れ逆流の原因となっている静脈と深部の静脈の合流している部位を糸で縛り、一部を除去し、血液の逆流を止める治療方法です。

 

切開部分はストリッピング手術より小さめです。局所麻酔で行われますが、場合によっては入院が必要です。

 

高位結さつ術だけでは、十分ではなく再発の危険性も高いため、硬化療法と併用するのが一般的です。

 

圧迫療法(保存療法)

医療用の伸縮性の強い弾性ストッキングを使用する方法です。
血管を圧迫すると、深部静脈へと流れが促進されるので、下肢の血液循環が改善されます。

 

それは、逆流防止につながり、下肢に余分な血液が溜まるのを防ぎます。だるい、足がつるなどの症状も改善します。

 

この方法は、進行を防いだり、現状を維持したりするのみで、根本的な治療にはなりません。
妊娠中や仕事の都合などによって、手術ができない場合や、手術後の早期などに用います。

下肢静脈瘤の最新レーザー治療

下肢静脈瘤のレーザー治療とは

 

下肢静脈瘤は近年レーザーでの治療が行われています。その最新のレーザー治療は2つあります。
1つ目は、皮膚表面からレーザーを照射する治療方法です。
2つ目は、血管内からレーザーを照射す治療方法で、血管内治療と呼ばれます。
血管内治療は、血管にレーザーファイバーを通し、血管内から直接壊れた静脈弁にレーザーを照射することで、血管を閉塞させる方法です。伏在静脈瘤や側枝静脈瘤に効果的です。

 

場合にもよりますが、手術時間も平均30〜40分と短めで、体に傷をつけないので、体への負担も少なく、日帰り手術も可能です。
再発の可能性はほとんどありません。

関連ページ

下肢静脈瘤の種類
下肢静脈瘤 には下肢静脈瘤,巣状静脈瘤,伏在静脈瘤,側枝静脈瘤,網目状静脈と4つの種類があり、その4つの種類について、解説していきたいと思います。
自費治療でレーザー治療を受けるメリットとは!?
下肢静脈瘤のレーザー治療は保険適用できるため費用を安く抑えることができます。しかし、レーザー自体は最新の機器ではないので、最新の機器を使いたい方は自費負担となります
下肢静脈瘤の予防をして、足のむくみやだるさをスッキリ
下肢静脈瘤の予防をするで、悩める足のむくみやだるさの解消にも繋がります。下肢静脈瘤は放置するとどんどん悪化しますので、早めに対処しましょう
下肢静脈瘤のレーザー治療の費用や保険適用についてのまとめ
下肢静脈瘤の治療として、多くのクリニックで実施されているレーザー治療。そんなレーザー治療の費用や保険の適用についてをまとめました
下肢静脈瘤は放置するとどんどん重症化し、完治が困難になる
下肢静脈瘤になった場合、放置しても治ることはありません。症状はどんどん進行し、やがて重症化すると完治が難しくなります
下肢静脈瘤は遺伝するの!?
下肢静脈瘤は遺伝すると言われているといわれていますが、遺伝するかどうかはまだ究明されていないようです
下肢静脈瘤のレーザー治療のメリット、デメリット
下肢静脈瘤はレーザーによる治療ができます。レーザー治療は術後の傷も目立ちにくく、体も負担も少ない手術です
下肢静脈瘤の診療科
下肢静脈瘤 にもしなってしまった場合、 何科 にいけばいいか分からない方も多いはず。下肢静脈瘤 の治療は血管外科で診てもらいましょう