下肢静脈瘤の4つの種類

下肢静脈瘤の種類

伏在静脈瘤

太い血管がさらに拡張し、くねくねと蛇行し、ぼこぼこ浮き出たようにみえる静脈瘤です。血管が大きくなり、コブのようになることもあります。
ふくらはぎの表面近く、太ももの内側、足の付け根などに出来やすく、下肢静脈瘤の中でもっとも多いのがこのタイプです。

 

足がだるい、むくむ、こむら返りなどの症状がみられます。
悪化すると、湿疹、強いかゆみ、黒ずみなどの色素沈着、潰瘍などさまざまな皮膚炎症の原因にもなります。

 

側枝静脈瘤

伏在静脈瘤の先の細い枝の部分の静脈が拡張し、ぼこぼこと浮き出たようにみえる静脈瘤です。
特に、膝から下に多く見られます。伏在静脈瘤に比べ、コブは小さめです。

 

網目状静脈瘤

皮膚の表層に近い直径2〜3mmの細い静脈が拡張し、網目状となって青色にはっきり見えるようになる静脈瘤です。膝裏によくみられます。
「硬化療法」による治療が適用されます。
伏在静脈瘤を併発している場合などは、手術をする必要性も出てきます。

 

クモの巣状静脈瘤

皮膚の表層のもっとも近いところを通る直径1mm以下の毛細血管に血液がたまり、クモの巣状・放射状に広がって見える静脈瘤です。

関連ページ

自費治療でレーザー治療を受けるメリットとは!?
下肢静脈瘤のレーザー治療は保険適用できるため費用を安く抑えることができます。しかし、レーザー自体は最新の機器ではないので、最新の機器を使いたい方は自費負担となります
下肢静脈瘤の予防をして、足のむくみやだるさをスッキリ
下肢静脈瘤の予防をするで、悩める足のむくみやだるさの解消にも繋がります。下肢静脈瘤は放置するとどんどん悪化しますので、早めに対処しましょう
下肢静脈瘤のレーザー治療の費用や保険適用についてのまとめ
下肢静脈瘤の治療として、多くのクリニックで実施されているレーザー治療。そんなレーザー治療の費用や保険の適用についてをまとめました
下肢静脈瘤は放置するとどんどん重症化し、完治が困難になる
下肢静脈瘤になった場合、放置しても治ることはありません。症状はどんどん進行し、やがて重症化すると完治が難しくなります
下肢静脈瘤は遺伝するの!?
下肢静脈瘤は遺伝すると言われているといわれていますが、遺伝するかどうかはまだ究明されていないようです
下肢静脈瘤のレーザー治療のメリット、デメリット
下肢静脈瘤はレーザーによる治療ができます。レーザー治療は術後の傷も目立ちにくく、体も負担も少ない手術です
治療法
下肢静脈瘤 の 治療法について、近年ではレーザー治療が体の負担も少なく、有効であるとされています
下肢静脈瘤の診療科
下肢静脈瘤 にもしなってしまった場合、 何科 にいけばいいか分からない方も多いはず。下肢静脈瘤 の治療は血管外科で診てもらいましょう