下肢静脈瘤の診察は何科!?

下肢静脈瘤 の治療は 何科 にいけばいいの!?

下肢静脈瘤は何科にいくの!?

 

通常、下肢静脈瘤の治療は血管外科で行われます。よって、血管外科が設置されている医療機関を探せばよいのですが、
この診療科がある病院は非常に少ないのが現状です。

 

その場合、外科や皮膚科で診察を受けることができます。外科の循環器外科で取り扱っているケースが多いですが、
近年では、皮膚表面の血管が膨らみ、美容にも影響する症状であるため皮膚科でも治療を行うようになってきました。

 

また、下肢静脈瘤の治療は圧力を持続的にかけ治療する圧迫療法など連続的に行っていく必要があるため、なるべく通院しやすい医療機関を選びましょう。

インターネットで情報を集める

まずは、下肢静脈瘤の治療を行っている医療機関が近所にないか、インターネットを活用し、情報を集めてみると良いでしょう。

 

うまく見つけられなかった場合は、外科か皮膚科を探し、直接問い合わせてみることをおすすめします。

 

下肢静脈瘤の検査には、超音波検査装置(エコー)が使用されるので、設備の整った医療機関を選ぶことも大事なポイントです。

 

関連ページ

下肢静脈瘤の種類
下肢静脈瘤 には下肢静脈瘤,巣状静脈瘤,伏在静脈瘤,側枝静脈瘤,網目状静脈と4つの種類があり、その4つの種類について、解説していきたいと思います。
自費治療でレーザー治療を受けるメリットとは!?
下肢静脈瘤のレーザー治療は保険適用できるため費用を安く抑えることができます。しかし、レーザー自体は最新の機器ではないので、最新の機器を使いたい方は自費負担となります
下肢静脈瘤の予防をして、足のむくみやだるさをスッキリ
下肢静脈瘤の予防をするで、悩める足のむくみやだるさの解消にも繋がります。下肢静脈瘤は放置するとどんどん悪化しますので、早めに対処しましょう
下肢静脈瘤のレーザー治療の費用や保険適用についてのまとめ
下肢静脈瘤の治療として、多くのクリニックで実施されているレーザー治療。そんなレーザー治療の費用や保険の適用についてをまとめました
下肢静脈瘤は放置するとどんどん重症化し、完治が困難になる
下肢静脈瘤になった場合、放置しても治ることはありません。症状はどんどん進行し、やがて重症化すると完治が難しくなります
下肢静脈瘤は遺伝するの!?
下肢静脈瘤は遺伝すると言われているといわれていますが、遺伝するかどうかはまだ究明されていないようです
下肢静脈瘤のレーザー治療のメリット、デメリット
下肢静脈瘤はレーザーによる治療ができます。レーザー治療は術後の傷も目立ちにくく、体も負担も少ない手術です
治療法
下肢静脈瘤 の 治療法について、近年ではレーザー治療が体の負担も少なく、有効であるとされています