足のむくみと下肢静脈瘤の関係性

足のむくみと下肢静脈瘤

足のむくみやだるさなどの症状がある方は、下肢静脈瘤という病気が発生可能性があります。下肢静脈瘤は血管が浮き出て足がボコボコになってしまうことや悪化すると足が黒ずんだり、皮膚が剥がれ落ちるなどの症状がでることもあります。

 

症状が悪化した場合、完治することはとても困難といわれているため、早目の対処が重要と言われています。

 

下肢静脈瘤とは

 

足の静脈血管には「静脈弁」があります、

 

これは、「逆流防止弁」ともいわれ、血液の逆流を防ぎ、重力に逆らって血液を運ぶのに大切な役目を果たしています。

 

この静脈弁が、うまく機能しなくなってしまうことがあります。
その原因は、長時間の立ち仕事や妊娠や出産など様々です。この静脈弁は一度壊れると回復することはありません。
弁が壊れると、血液が逆流し、心臓へ正常に運ぶことができなくなります。

 

特に、足の付け根やひざ裏にある深部静脈と合流しいる部分にある静脈弁が壊れると、逆流した血液が、足の下のほうに溜まってしまいます。

 

すると血管は少しずつ拡張し瘤のようになり、下肢静脈瘤になってしまうのです。

下肢静脈瘤が発症しやすい方

長時間の立ち仕事

いつも同じ姿勢でいる、立っている時間が長いなどの仕事に従事していると、下肢静脈瘤が発症しやすくなり、また進行もすすみます。
教師・看護師・販売員・美容師・理容師・調理師などがその例です。

 

妊娠と出産

妊娠中や出産後に下肢静脈瘤ができる女性もいます。特に、2人目、3人目と回数が増えれば、下肢静脈瘤になる可能性がでてきます。

 

体質

下肢静脈瘤には、なりやすい体質があり、それは遺伝する可能性もあります。
下肢静脈瘤を発症している親族がいる方は、日頃から注意が必要です。

 

気になる症状があれば早めに医師に相談しましょう。下肢静脈瘤の心配がある場合は「血管外科」を受診しましょう。

下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤の症状として、「足が疲れやすく、マッサージをしても疲れがとれない」「夕方になると足がむくんで、だるい」という症状が出てきます。

 

次のような症状が気になる方は、下肢静脈瘤の可能性がありますので、注意しましょう。

 

外見から
  • 皮膚の表面にみえる血管が明らかに正常な状態ではないようで気になる。
  • 人に足を見せられない
  • 血管がめだつので、スカートがはけない?

 

自覚症状
  • 足がむくむ、足がだるい、足が重い、疲れやすい 、かゆい
  • 足が痛い?、歩いている時や眠りにはいる時に足がつる

 

特に、静脈瘤が進行している場合
  • 湿疹ができる、皮膚炎ができる、色素沈着がおこる、潰瘍になる

 

 

 

 

 

足のむくみ が原因で起こる下肢静脈瘤とはどんな病気!?記事一覧

伏在静脈瘤太い血管がさらに拡張し、くねくねと蛇行し、ぼこぼこ浮き出たようにみえる静脈瘤です。血管が大きくなり、コブのようになることもあります。ふくらはぎの表面近く、太ももの内側、足の付け根などに出来やすく、下肢静脈瘤の中でもっとも多いのがこのタイプです。足がだるい、むくむ、こむら返りなどの症状がみられます。悪化すると、湿疹、強いかゆみ、黒ずみなどの色素沈着、潰瘍などさまざまな皮膚炎症の原因にもなり...

レーザー治療にも種類の違いや、技術革新に伴う保険適用の変化などがあります。2011年には、レーザー治療としては3世代前の980nmが保険の適用となっていましたが、2014年からは、1470nmの高性能レーザーによる治療も保険適用されました。1470nmレーザーの保険適用は、レーザー治療を望む患者さんにとっては朗報ですが、それよりも高性能な2000nmレーザーにくらべると、まだまだ、水吸収率が劣りま...

下肢静脈瘤を予防するために、まず下肢静脈瘤の原因と考えられてる要素をチェックしておきましょう下肢静脈瘤の原因妊娠している出産前後立ち仕事座り仕事肥満である女性である歳を重ねて、筋力や体力に衰えを感じるこれらに加えて、遺伝性も関係していると疑いもあります。この中でも、肥満体形にならないようにするのは、は最も自分で取り組みやすいものだと言えるでしょう。とはいっても、肥満にも多少遺伝の影響や、幼少期の体...

下肢静脈瘤のレーザー治療にについて、治療費用は2011年より保険適用できるようになりました。2014年現在では高性能の水吸収型である1470nmのレーザー治療まで保険適用できるようになっています。2011年に認可された時は980nmのレーザーまでが対象でしたが1470mmのレーザーが対象になることにより、治療時間が短縮され、安全で体にやさしい手術が可能となりました。ちなみに最新のレーザーは吸収率が...

下肢静脈瘤は、悪性の疾患ではなく、緊急に治療が必要、というわけではありません。悪化した状態の色素沈着や潰瘍などは、治療が必要ですが、下肢静脈瘤の症状が見られるからと言って、すぐにそうした悪化の一途をたどる事はありません。下肢静脈瘤の悪化は、たいてい数年〜数十年という長い期間をかけて進んでいきます。なので、緊急に治療が必要ではありませんが、かといって、放っておいてもよくならず、悪化していく事は確かで...

下肢静脈瘤は遺伝するって聞いたけど本当に遺伝するのか!?下肢静脈瘤は、女性が多く発症するとも言われており、皮膚の表面に青く血管が浮き上がってしまうので、見た目も悪く、綺麗な足でいたい女性にとっては、悩ましい病気ですよね母が下肢静脈瘤で悩んでいて、遺伝するって聞いたから心配しているという女性の声を聞く機会が何度がありましたが、下肢静脈瘤と遺伝の関係性について、遺伝が原因で下肢静脈瘤が起こるという証明...

下肢静脈瘤に対して、レーザーで治療を行うという方法があります。下肢静脈瘤は、足の静脈が逆流してつまっているため、細いレーザーファイバーを挿入し、静脈の内側をレーザーの熱により焼き、閉鎖させます。こうすると、静脈は収縮し、閉鎖される事により、血の逆流がなくなるのです。その後、数ヶ月を経て繊維化し、体内へと吸収されて消えてゆきます。下肢静脈瘤のレーザー治療においては、局所麻酔で済みますので、身体の負担...

硬化療法静脈に硬化剤と呼ばれる薬剤を細い針で直接注入し、血管を閉塞させる方法です。体への負担が少なく、通院による治療も可能で、手術のような傷も残りません。網目状静脈瘤、クモの巣状静脈瘤などに多く用いられます。ストリッピング手術(静脈抜去術)伏在静脈瘤など太い血管で静脈瘤を発症している場合に用いられ、もっとも代表的で標準的な治療方法です。2カ所を切開して血管内にワイヤーを挿入し、静脈瘤のある静脈をワ...

下肢静脈瘤は何科にいくの!?通常、下肢静脈瘤の治療は血管外科で行われます。よって、血管外科が設置されている医療機関を探せばよいのですが、この診療科がある病院は非常に少ないのが現状です。その場合、外科や皮膚科で診察を受けることができます。外科の循環器外科で取り扱っているケースが多いですが、近年では、皮膚表面の血管が膨らみ、美容にも影響する症状であるため皮膚科でも治療を行うようになってきました。また、...