脚気は現代では患う方はすくない病気です

脚気 も症状の一つとして 足のむくみ が出ます。

脚気とはどんな病気!?

 

脚気とは、ご飯などの糖質を分解するのに必要なビタミンB1が欠乏し、心不全と末梢神経障害をきたす疾患です。
日本では平安時代以降、精白米の普及に伴い、天皇や貴族など上層階級を中心に脚気が発生し始め、江戸時代には武士と町人にも広がり、昭和初期まで多くの死者を出しました。

 

現代では、ビタミンについて研究が進み、知識が広まったため、脚気にかかる人はほとんどいなくなりました。

 

一方で、偏った食生活を送る現代人が増え、再び脚気にかかる人が増加していると言われています。

脚気 になる 原因 は?

偏った食生活

清涼飲料水やインスタント食品、アルコール類などには、大量の糖質が含まれています。
このような食品類を過剰に摂取してしまうと、その糖質を分解するために大量のビタミンB1が使われ、体内で不足し、脚気を引き起こす原因になります。

 

吸収されにくいビタミンB1

ビタミンB1は摂取しても体内に吸収されにくい栄養素で、吸収された後も体外へ排泄されやすいため、実際に摂取できるのは、元の食品が含む量の半分程しかありません。
また、水に溶けやすいため、調理をすると栄養が失われてしまいがちです。このように、ビタミンB1を取り入れることは容易ではないため、不足しやすい傾向にあります。

脚気 の 症状

全身の倦怠感や食欲不振

初期には、全身の倦怠感や食欲不振などが症状として現れ、その後、足のしびれやむくみ、感覚の麻痺、動悸、息切れなど感じるようになります。
さらに悪化すると、手足に力が入らず寝たきりとなってしまいます。そのまま治療を行わずにいると、心不全を起こし死に至る場合もあります。

 

膝の下を叩いても足が跳ね上がらない

膝の下のくぼみを叩いても、足が自然に跳ね上がらない場合、脚気の可能性があります。
これはあくまでも一つの目安にすぎませんので、合わせて他の症状も見られる場合は、主治医に相談するか内科、整形外科を受診しましょう。

 

足のむくみが症状として表れる脚気とはどんな病気記事一覧

潜在性ビタミンB1欠乏症ビタミンB1が不足する原因として、偏った食生活によるビタミンB1の摂取不足、糖分の過剰摂取などがあります。また、激しい運動によっても消費され、不足することがあります。その結果、全身の倦怠感や食欲不振などの症状が現れ始めます。これは、今後さらにビタミンB1が不足すると、発症の可能性が高くなるという脚気予備軍と呼ばれる状態です。アルコール依存症アルコールを日常的に多量に摂取し、...