病的な足のむくみ

足のむくみ はさまざまな 病気 の症状として起こります。

足のむくみ 病気

 

足のむくみ はいろいろな 病気 の症状として、起こります。足のむくみ は体の異常のサインです。

 

むくみが関連する病気について、むくみには先天的なものの他、感染症や外傷、がん手術によるものなどがあります。性別は関係ありません。

 

もっとも代表的な病気は、リンパ浮腫です。むくみが感じられたら、まずは内科等を受診しましょう。
リンパ浮腫外来のある大きい病院も増えてきています。

 

足がむくんでも、腫れや痛みがなければ、あまり大きな病気の心配はありませんが、細菌が入ると危険なこともあり(蜂窩織炎(ほうかしきえん)等)注意が必要です。

 

また、全身に原因不明のむくみがある場合は、深刻な病気(心不全、低蛋白血症、肝不全・腎不全など)の可能性もあります。すぐに診察を受けましょう。

 

足のむくみ と 病気 チェックリスト

 

足のむくみ や手のむくみなどむくみがある方で何かの病気じゃないかと心配の方はむくみに関連する主な病気と症状を記載しています。

 

自分で心当たりがあって(飲みすぎだとか、月経前だとか)病的でないと分かる場合はよいのですが、他にも症状があって明らかにおかしい、

 

心配だという方は、是非、以下でチェックしてみてください。

 

足のむくみ関連の病気と主な症状一覧

 

急性糸球体腎炎

顔や手足のむくみ。尿が出にくい。高血圧。血尿。扁桃線や喉の炎症を最近患った人。

 

ネフローゼ症候群

顔や手足のむくみ。尿が出にくい。低血圧。食欲不振。全身の倦怠感。胸水や腹水がたまる。

 

糖尿病性腎症

くるぶしや腹部のむくみ。疲れ。動悸・息切れ。食欲低下。胃が不調。体のかゆみなど。

 

右心不全

夕方、足がむくむ。胸の上部の痛みや圧迫感。腹の膨満感や腹水。尿量が減る。食欲不振、吐き気など。

 

肝硬変

足のむくみ。嘔吐、腹痛。黄疸。手のひらに紅斑がでる、腹水がたまる。血が止まりにくくなる。上半身の皮膚にクモの形のような血管が浮き出るなど。

 

甲状腺機能低下症

眼のまわりや顔・手足がむくみ、押してもなかなか戻らない。低体温、便秘、体重増加、倦怠感、汗が出にくい、など。特に女性。

 

脚気(かっけ)

足のむくみ。手足の痺れ。倦怠感、動悸。筋力の低下。ひどい場合は、息苦しさなどの心不全の症状。

 

下肢静脈瘤

足のむくみ。立っていると足が重くだるい。足の静脈が妙に目立つ。痛み、かゆみなど。

 

リンパ浮腫

手足のむくみ、かかとの痛み。こわばり。倦怠感。特に乳がん・子宮がん・前立腺がんなどの手術や放射線治療を受けた人。

 

腎臓病

体のむくみ、高血圧、血尿、尿毒症、たんぱく尿など

 

PR広告:健康診断や人間ドックのオンライン予約はマーソへ!

マーソは医療施設数、プラン数がとても豊富♪公式サイトはコチラ

足のむくみという症状はさまざまな病気で起こります記事一覧

足のむくみ が症状として現れる病気の一つとして 甲状腺機能低下症 があります。甲状腺機能低下症とは!?「甲状腺ホルモン」のバランスがくずれると甲状腺機能低下症になります。甲状腺ホルモンは、身体の新陳代謝をよくするホルモンです。そのため、ホルモンが不足すると体内の代謝が低下し、様々な症状が現れます。血中のコレステロールの濃度が上昇することがあります。また、成長期の子どもでは身長の伸びの低下、乳児では...

脚気とはどんな病気!?脚気とは、ご飯などの糖質を分解するのに必要なビタミンB1が欠乏し、心不全と末梢神経障害をきたす疾患です。日本では平安時代以降、精白米の普及に伴い、天皇や貴族など上層階級を中心に脚気が発生し始め、江戸時代には武士と町人にも広がり、昭和初期まで多くの死者を出しました。現代では、ビタミンについて研究が進み、知識が広まったため、脚気にかかる人はほとんどいなくなりました。一方で、偏った...

糖尿病性腎症とは、腎臓の機能が低下し、尿が作れなくなってしまう疾患です。腎臓は、細かい血管でできた糸球体基底膜により、血液を濾過する働きをしています。老廃物は尿として体外に排出され、濾過され清潔になった血液は再び体内を循環します。しかし、糖尿病で高血糖状態が続くと、この細かい血管が壊れ、腎臓の濾過機能が低下してしまうのです。糸球体は片方で約100万個と、非常にたくさんあるため、濾過できるものが残っ...

足のむくみ が 症状 として出てくる疾患の一つネフローゼ症候群とは、尿から過剰なタンパクがでるために、血液中のタンパク質濃度が低下し、低タンパク血症となる腎臓疾患の一つです。低タンパク血症になると、血管中の水分が減り、血管外に水分と塩分が増加するため、むくみが引き起こされます。同時に、血液中のコレステロールも増加します。その他、腎不全、血栓症(肺梗塞、心筋梗塞、脳梗塞など)、感染症などを合併する可...

急性糸球体腎炎はどんな症状が出るの!?急性糸球体腎炎 とは、腎臓に炎症や異常が起きる疾患のことで、特に子どもに多く発症します。多くの場合、扁桃や発熱を伴うのどの炎症が治った1〜2週間後に、血尿や蛋白尿、むくみ、高血圧などが現れます。血尿に関しては、見た目で分からず、自覚症状がないことが多いため、検尿などの検査で見つかることがしばしばあるようです。急性糸球体腎炎の場合は、全身倦怠などの症状で受診して...

リンパ浮腫とはどんな病気リンパ浮腫とは、リンパ管の機能が低下し、血液中の血しょうが細胞間に染み出したことで、主に脚などにむくみが生じる疾患です。女性に多いのが特徴です。リンパ浮腫には、先天性あるいは原因不明で起きる「一次性リンパ浮腫」と、がんの手術によるリンパ節の切除や放射線治療の影響による「二次性リンパ浮腫」があります。「二次性リンパ浮腫」が多く見られますが、発症のタイミングはそれぞれで、がんの...

腎臓の主な働きは体内の余分な水分の排泄と老廃物や毒素の除去です。その機能が低下すると 腎臓病 になります。初期は症状も軽く、自覚症状はあまりありませんが、放っておくと進行し、急性腎障害などの例外をのぞき、慢性の腎不全となります。深刻な場合、腹膜透析(PD)・血液透析(HD)といった透析療法や腎臓移植などが必要となります。腎機能は一度低下すると回復することはほとんどありませんが、医療技術の進歩により...

足のむくみなどむくみの症状がみられる病気の中で心不全があります。心不全は誤解されがちですが、「心不全」とは心臓が止まってしまうことではありません。心臓の機能が低下し、全身に十分な血液を送ることができない状態のことを指します。心臓には右心室と左心室がありますが、一般に、心臓から全身に血液を送る役割を担う左心室の機能低下による「左心不全」が多いといわれています。しかし最近では、右心室の機能低下により、...

足のむくみやだるさなどの症状がある方は、下肢静脈瘤という病気が発生可能性があります。下肢静脈瘤は血管が浮き出て足がボコボコになってしまうことや悪化すると足が黒ずんだり、皮膚が剥がれ落ちるなどの症状がでることもあります。症状が悪化した場合、完治することはとても困難といわれているため、早目の対処が重要と言われています。下肢静脈瘤とは足の静脈血管には「静脈弁」があります、これは、「逆流防止弁」ともいわれ...

深部静脈血栓症 の 症状としては、足のむくみ が 片足 のみに表れるのが、一番わかりやすいでしょう。これを放っておくと、皮膚に潰瘍が出来た例も報告されていますが、これが現れるのはとても進行してしまったあとになります。片足のみのむくみでさえ、かなり症状が進行してからでしか気づかないと言われています。肺血栓塞栓症になってしまい、もしそれが大きな血管でおこってしまうと、咳き・痰のみに収まらず、いきなり、...